猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

こんな句をよんだ

 打ち水にビーチサンダル履きにけり  
 
日暮れどき、打ち水をしようと思いたち。今日、買ったばかりのサンダルを履いて外に出た。って句である
 
 
 
 街路樹の下で運ちゃん3尺寝 
 
ホテルの前に街路樹がもこもこ茂っている場所があって、そこに止まっているタクシーの運転手さんが、気持ち良さそうに寝てました。
 
 

    
  
  

こんな句をよんだ

穴掘って埋め戻しして夕端居 

※「端居」(はしい)辞書をひいたら。家の端近くに出ていること、風通しのよい縁側などに出ていることって書いてあった。夏の季語。
 
 
蝉時雨グラス傾け氷喰う
午後7時。長声一発。出航を知らせる汽笛が遠く聞こえた。氷水を飲み干すと、蝉の声。なんとなく勢いで氷まで食べた。