猛烈な勢いでメモ ダッシュ

推敲してます。漫画とか。俳句とか。

こんな話を書いた

冬の午後。昼寝から目覚め階段を降りると。玄関に知らない黒い靴があった。持ち主を探したが家中、静かで誰もいなかった。気のせいかと思いつつ玄関にもどると、知らない靴が二足に増えていた。湯船にもクローゼットにも誰もいない。玄関を見ると、黒い靴が…

こんな句をよんだ

通りの角を曲がったとき鐘の音が響いた。凍った道を歩き肩凝りがした。 鐘凍り角を曲がって肩重し ※「下町に曲らんとして鐘氷る 一茶」という句を参考にしてる。><おぼんの上に蜜柑とバナナを置いたら。少し趣ぶかった。 よく似てる蜜柑とバナナ星と月 ><

こんな句をよんだ

レモンを切ったら、中が白かった。スがはいっていた、というのか。こんな失敗は初めてだった。次に買うときは、もっと注意深く選ぼうと思った。調べたらレモンは秋の季語だった。><凝視した失敗した檸檬かな

アロエのミニ盆栽

アロエ。寒くなったから、水やり中止。春まで乾燥させてて良いらしい。苔のために霧吹きはしておこう。 蛇苺と、ぼくは呼んでいる草。花がついてる。 ※(追記)ヒメツルソバって草らしい。ぜんぜん違うじゃん。>< アロエの撮影風景。窓際にアロエを置いて…

こんな絵かいてた

こんな話を書いた

山の中。斜めに張られた天幕の下で、鉈を手にマキを割っていた。小雨が降っていて、犬は頭を垂れいる。炎は水蒸気を含み煙ってる。炎の上には釜があって、小さな五右衛門風呂のようだ。草の茂みから、にょろにょろしたものがやってくる。 にょろにょろはタコ…

こんな話を書いた

探偵は仕事を断った。人が死んでいたからである。探偵は言った。 「殺人事件はいけない、一度、解決したが運の尽き、探偵の身の回りで殺しが始まるのさ、日常的に、息もつかせず、解決を待つ屍体の山さ、名探偵の呪いと師匠は呼んでた」 天使は飛ばない。天…

こんな話を書いた

訪問者は帰ったが彼は落ち着かず、小説の続きを書く気分にはなれなかった。翌日も来客の影は残っており、シャワーを浴びても料理をしても散歩をしても影が立ち去る事はなかった。作家生命は風前の灯。言葉に出来ないし、したくもない影を殺す話を書かねば。 …

こんな話を書いた

とある魔術書に。鵺が鳴く夜、猫より魂を戻す方法が書かれていた。猫に魂を入れて窮する者がいた、という事だろう。けれど猫に魂をうつす方法はどこにも書かれてなかった。昔の人にとっては記すほどでもない、よくある事であったのか。猫の瞳を覗き占う術も…

こんな話を書いた

ぼくはポエマー。彼女への恋文がデビュー作となった。勇気を出して手渡した手紙が、彼女の手によって公開されたのだ。残酷な女よ。ひゅー、ひゅー、と囃し立てる級友たち。壁に貼り出されていた便箋を取り戻し、その場で音読してみた。声はひきつり、たどた…

こんな話を書いた

誤解があるようだが。「本書の内容は完璧な形で、目次に要約されれいる」と序文にある。従って目次だけを読んで批判するのも、作者の主張に照らして正当なのである。目次だけで二百頁あまり、本文の方が注釈のような有様で要約といえるか、という事に目をつ…

こんな話を書いた

藤の手入れを頼む。息をひきとる前、父は息子にそういった。息子は思った。彼はこう考えたのだろう。自分が死んでも藤は残る、手入れをしなければすぐに枯れる、四季はめぐり続ける、そこには何の疑問もない。息子は藤を眺めた。鉢植えのわりには大きく見え…

こんな話を書いた (夢おち)

小舟で、うつらうつらしていたら。後頭部から水に落ちた。気泡がのぼっていき、湖面に映る月は遠ざかっていった。なぜこうも体が重いのか。そのまま眠りたかったが。息苦しさに目を覚ました。私の胸の上でクマが寝ていた。 夢の中で、すべては道であるとクマ…

こんな話を書いた

鯨の腹の中は暗く、ゾンビでさえ酸によって溶ける。鯨の腹の中の街の住人の多くは、亡霊である。鯨が塩を吹くとき、亡霊も空に吐き出される。イーハー。多くは虹となって消滅する。鯨の腹の街の住人にとっては、月光さえまぶしすぎるのだ。 未来の春はロボッ…

こんな話を書いた

通りに面した二階に物静かな読書家が住んでいた。時々、読書家は目頭を押さえると立ち上がり、窓を開けて通りを見下ろした。物売りたちの声は面白かった。飴屋に金魚売り、竿竹屋に風鈴売り、焼き芋屋に小指売り。耳障りな声がすることもあるが。読書家はそ…

こんな話を書いた (月が綺麗ですね)

最近、月は調子にのっていた。器量が良くて慎み深く、くわえて賢い愛の伝達者なのだった。三美神を足して三で割らない、ひと柱って感じ。今夜もまた、地上では こんな囁きが木霊してた。 「月が綺麗ですね」 街の明かりが灯りだす頃。丘の上の公園のベンチに…

こんな話を書いた

優しい女の子とキスをした。すぐに放課後になって靴を履き替えようとしたら、靴がなくて、かわりにサンダルが山のように入っていて、しかもどれも片方だけだった。女の子はぼくを待っていた。でも彼女の優しさにも限度がある気がした。急がなきゃ、と思って…

こんな話を書いた

ミニスカートの彼女が眩しくて、ぼくは目をそらした。右上の宙を見て、それから彼女の目を見て、すごく似合ってます、と述べた。彼女は小首を傾げ、ごめん、といい席を外した。帰ってきて彼女は言った。「ここでクイズ、さっきとどこが変わったでしょう!」…

こんな話を書いた

衰へたる末の空の下、お城のような船は煙を吐きながら、沈みかけていた。あちこち浸水が激しく、補修も追いつかないらしい。でも、ずっとそうなのだった。私が子供のときから。板子一枚へだて。地獄の上の船は、永遠に沈みつつ進む牢獄のよう。 星月夜。外国…

こんな話を書いた

雑踏で振り返った。彼女の香りだった。彼女と過ごした記憶が洪水のように押し寄せてきて、胸がいっぱいになった。ひとつだけ分からない。なぜ彼女は、男性向けの香水を使っていたのか。おっさんの姿をふり返るたび、考えてしまう。 ぼくは手袋を男に投げつけ…

こんな話を書いた

ワン、ワン、ワン。 飼い犬のジョンが家出した。占ってもらおうと町へ出かけたら、繁華街の外れにジョンはいて。占い師をしていた。では手を見せて下さい、とジョンはいった。手を出すとペロリと舐めた。 「お酒は控えるのが吉。塩分のとりすぎにも注意しま…

こんな話を書いた

獏のお腹はパンパンだった。少女の夢は食べても食べても、生えてきた。赤い夢。青い夢。黒い夢。きりがなかった。ついに破裂する時がきた。乾いた音。白煙、もくもく。煙は王子の姿となり、少女を空へと連れ去った。獏はといえば、破裂した勢いで世界一周。 …

こんな話を書いた

犬の王様に呼び出され、料理をすることになった。王様の尻尾は垂れている。はい、と手渡されたのは一本のスコップと長靴だった。曇り空の下。王様の料理は、庭に埋められた骨を掘り出すところから始まる。 恋文を書いたら怒られた。言葉じゃなく行動で示せよ…

こんな句をよんだ

朝。電信柱のそばで、立ち話をしていたら、鴉が鳴いた。そうしたら「嫌な声」って近所の方が言ったのだった。まるでホラー映画、不吉な屋敷を前にしたシーンの台詞のようで。おお、って思った。嫌な声と言われてしまう冬鴉 小山の上の公園に行った。駐車所に…

今年のハロウィン

今年はやはり、渋谷で軽トラックをひっくり返した人たちの話が印象深かった。きっと、はしゃぎすぎて急に軽トラックをひっくり返したい気分になったのだろう。 乱暴な出来事だろうし、私は近づくまいって思ったけれど。テレビの人のコメントも趣ぶかった。乱…

更新しとこう

ブログを見たら、少し大き目の広告が表示されてて 「この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。」 って書いてあった。90日かあ。三ヶ月だな、と思った。

千日紅をガラスの器に入れてみた

アロエのミニ盆栽

アロエのミニ盆栽 1 アロエのミニ盆栽 2 >< アロエの茎?を、さっさと木質化させちゃうコツのようなもの。 撮影に使ったもの。 iPad。ダイソーのラッピング・コーナーで買ってきた和紙。アルミシート。トレース台。 ダイソーは便利だな。背景に置いた和…

こんな話を書いた

桜は巨大な菌類である 猫と私は同じ空間を共にすることは出来ない。猫が私を退けるか、私が猫を排除するか。二つに一つである。夜になると我が家の庭を横切っていく野良猫の話だ。なぜ猫は落し物をしていくのだろう。毎日のようにそれを拾っていると。そんな…

「物理的に無理」

物理的に無理 また突然、思い出したのだが。もう、ずいぶん前。「げんしけん」を見ていたら。 波戸くんと付き合っているの?と問われて。班目さんがこう言うのだった。 「ない、ない、物理的に無理だし」 この言葉の意味は波戸くんが女装している男なので、…