読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

五七五

こんな句よんだ

急ぎ雨高架の下のスマホかな >< 買い物に行き夕立にあった。高架線の下で自転車にのった学生さんが雨宿りをしていた。彼らはそろって携帯をとりだして、何やら液晶を覗いていた。防水なんだろうなぁ、と思った。。。という句である。 俄雨濡れて楽しいバス…

こんな句をよんだ

曇天に風吹いて嬉しい8月

こんな句をよんだ

朝ぼらけ俺にしみいる蝉時雨

こんな句をよんだ

指先を染めて食べてた葡萄かな ビアガーデン夜景を渡る白い雲

こんな句をよんだ

嵐去る屋根に光芒セミの声 激しく窓を叩いていた嵐が遠ざかる。外に出ると、ビルにぶかりそうなほど低い雲が、どんどん流れていた。街の一部は明るさを取り戻し、蝉が鳴き始めた。って句である。

こんな句をよんだ

力なく枕にぐったり蝉の声 暑いので板の間で横になった。風が吹くとまだ良いのだが。蝉の声ばかりが元気に響き。昼寝もできない。って句である。_ノ乙(、ン、)_ 指さした一番星に蚊食鳥 夕方、見上げた先の星をかすめ蚊食鳥が飛んでいた……って句であるが。星と…

こんな句をよんだ

ペンとメモ鍵にビー玉金魚鉢 金魚鉢はあるのだが、金魚は泳いでいない。かわりに、ペンやメモ用紙や鍵やビー玉が入っている、って句である。

こんな句よんでた

葉桜や木陰は寒し握り飯 葉桜の下のベンチでお握りを食べた。春とはいえ、木陰は寒かった。まだ日向の方が恋しいね。……って句である。 ><

こんな句をよんだ

愛してる嘘ぴょ〜んの四月馬鹿 うろ覚えだんだん小さく花のうた お花見や白いマスクに黒い傘 春爛漫響くは幼きオノマトペ

砂浜に急転直下凧の影

波打ち際に向かって歩いていたら、足もとを黒いものが横切った。カイトの影だった。びっくりした。……って句である。「凧」は春の季語!

気がつけば星も静かな春こたつ

気がつけば星も静かな春こたつ

こんな句もよんでた

生姜湯や両の手にもあったかい

こんな句をよんでてた

松あけて割り箸で食うパンケーキ

こんな句をよんだ

日向ぼこ葬儀のセールスやってきた

こんな句よんだ 秋風を加速している扇風機

こんな句をよんだ

なま熱き墓石の上に宵の星

こんな句をよんだ

目覚ましと蝉が競うよ朝ぼらけ 濡れた手でぱちんと叩いたやぶ蚊かな ひとつずつ磨いて食べるサクランボ 3秒ルールで拾ったサクランボ 蚊の羽音脚ぼりぼりの昼寝覚め

こんな句をよんだ 

梅雨空や毛布重くてイヤになっちゃう

こんな句をよんだ

板の間に枕ひとつの昼寝かな

こんな句をよんでた

おひるねや かぜがくすぐる あしのうら 2011年7月によんだらしい。忘れてた。>< http://h.hatena.ne.jp/kanarihikokuma/243582472975523074

こんな句をよんだ 

蚊の羽音ぱたんと閉じた本のなか

こんな句をよんだ

ペテナイフ丸いスイカを三角に

芭蕉は秋の季語

芭蕉は秋の季語らしい。やっぱ破芭蕉のような、少し儚げな趣きが好まれたからなのかな。手元の歳時記を開いてみたが、とくに解説はのってなかった。葉っぱも大きいし、なんとなくトロピカル、南国っぽく、夏って感じするのだが。 立秋の頃に芭蕉の葉陰に立て…

こんな句をよんだ

初夏の浜どんと置かれたハートかな 海に行ってきた。海辺には、裸の子供ら。日傘をさしているのが、たぶんお母さんなのだ。波打ち際に大きなハートが描いてあった。その傍らには、ふたりの名前。どことなくキラキラした名前で、ソウルネームみたいな感じなの…

こんな句をよんだ

眼鏡拭く午後や蛙の目借り時

こんな句をよんだ

紙の皿かぜでとんでく花見かな

こんな句をよんだ

花吹雪お握りふたつのベンチかな

パンダかいた

春分やぬくぬく靴下ぬいでいく

こんな句をよんだ

山鳥と桜見上げて躓いた 切り株によいしょと座る老婆かな 偏頭痛ゆびで押さえた落椿

こんな句をよんだ

うろこ雲半目をあけてる昼の月 片方のぬくぬくスリッパ探してる

こんな句をよんだ

歩道橋ひとり上ぼって草の花 雷鳴や次々とくる雲の城 氷水ひと口ごくり秋暑し 秋嵐干しっぱなしの白いシャツ 掃除機を止めて静かに秋の雨 古い家あとの空き地に蜻蛉かな

こんな俳句をよんだ

大口をあけて潰れた南瓜かな はじめてジャック・オー・ランタンを作ったとき。ナイフでジャックの口を大きく開けた。その方がかっこいい気がしたからだが。三日もすると南瓜は張りを失い、ジャックの口は、くたぁ〜 と閉じてしまった。ジャック・オー・ラン…

こんな句をよんだ

手洗いの鏡に映る藪蚊かな 水たまり夕べの稲妻今朝の風 あてもなく集めたシソの葉っぱかな 猫の手に止まる骰子秋の風

こんな句をよんんだ

夕立や水やり係の雨宿り 熱っぽい太もも冷やせ秋の風 汗かいてシャツを着替えて汗かいた

こんな ごもじもじ かいた

ふねはでる ひこうきおりる ごごしちじ さるすべり ぼくものぼって すべりたい しろいくも わるいおとなは くろビール

こんな句をよんだ

頬杖に掃除しろよと蟻の列 絵日記に描いた河童の緑色 逃げ水の見えた所に立つ子供 大風や団扇で扇ぐ蟻の列

こんな ごもじもじ かいた

きのあなに カニのめギロリ びっくりだ コンビニで みずぎのこどもと すれちがう カレンダー スイカのえでも もうあきだ

こんな ごもじもじ つくった

ゆうれいが ゆらす風鈴 涼しすぎ

立秋   

「立秋。暦の上では秋ですが......」という紋切りがぼくは好きだ。テレビでもラジオでも毎年、同じことを言う。でもそう言ってる人は去年とは違う、べつの方なのだ。同じ言葉の繰り返しだけど人の方は移ろってゆく感じが面白い。 今朝、増殖する歳時記(http…

こんな句をよんだ

目覚ましを止めて聞こえる蝉の声

こんな句をよんだ

蝉の声黙って聞いてる金縛り 青い空給水塔より蝉の声

こんな句をよんだ

鎌を手に構えてみたよ夏草に 炎天下。生い茂る雑草に向かって鎌を構えてみた。そんなことをしたって。無論、草はたじろいだりしない。もう少し涼しくなったら、本当に草刈りしようと思った。……という句である。 蔓草やビルの北面征服す 古びたビルの北側の壁…

こんな句をよんだ 足がつり垂直起床の昼寝覚 

足がつり垂直起床の昼寝覚 お昼寝して、うつらうつらしていたら。急に足がつった。速攻、起きて腱を伸ばす運動をした。……という句である。

こんな句をよんだ  耳鳴りと混ぜるとキケン蝉の声 

耳鳴りと混ぜるとキケン蝉の声

こんな句をよんだ  ふらふらと朝一番の棒アイス 

ふらふらと朝一番の棒アイス 朝、目をさまして。習慣のように冷凍庫を開け、習慣のように棒アイスを頬張った。朝ごはん食べなきゃダメじゃん……という句である。

こんな句をよんだ 七の月海に背を向けゲームする 

七の月海に背を向けゲームする 恐怖の大王が降ってきそうな七月、海開きがあって、そのイメージは眩しいほどだけど、ぼくはひとりでゲームするよ、去年も同じこと言ってた気するけどー、って句である。 足を掻き超不機嫌な昼寝覚 座布団を枕に雨の音を聞きな…

こんな句をよんだ

晴れた日にとると甘いよ枇杷の実は 大粒の苺を手にしたお客かな

こんな句をよんだ

人の波 消えてのんびり花は葉に

こんな句をよんだ

帰宅して文鎮かわりの蜜柑かな ……「蜜柑」は冬の季語でした。><

こんな句をよんだ

春雨じゃ濡れていこうと猫の恋 逆光は勝利、季重ねも勝利!……という気持ちで詠んだ。><