猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

もっと「楽しいニュース」を流しなさい、だってさ。

ルーマニア上院、「明るい話題」の報道を命じる法案可決 | Excite エキサイト
  
ブカレスト26日ロイター]ルーマニアの上院が、暗いニュースが多過ぎて人々を病ませているとして、もっと「楽しいニュース」を流すよう、テレビ局やラジオ局に命じる法案を可決した。
バセスク大統領の承認が必要だが、同法案は、ニュースの放送では「明るい」話題と「暗い」話題に対等に時間を割かなければならないとしている。提唱した議員らは、暗いニュースが「極めて有害で、健康に取り返しのつかない影響を与える」と主張。上院はこの法案を全会一致で可決した。

楽しい法案だと思う。これを考えた議員さんって、いい人たちだな。それともテレビ局が流すニュースの偏向ぶりに日頃からプンプンしていた人かもしれない。要するにマスメディアの人間の頭もどうかしている。彼らのニュース選択、その恣意的な編集ぶりにはもう我慢がならない、と思ったのかも。
確かに誰も絶対中立な立場などに立つことは不可能だろうが、メディアのペシミズム偏重は少しばかり酷いぞ。もし厭世観や不安を煽るメディアの偏向が構造的なものであるなら、立法府は立法府でたとえ乱暴に見えようともそれを補正するため、彼らの編集権に介入することも辞さないぞ、と考えたのかもしれないと想像し。。。
笑った。