猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

自句自解・春うらら明日の天気は晴ればかり

春うらら明日の天気は晴ればかり

 
今日、作者はやわらかい日に照らされた公園を歩いた。すると幼稚園児らしき子供らが滑り台のところにかたまっており、空に向かって靴を蹴りあげては「あした天気になーれ」と大声を張り上げていた。けれど彼らが履いていたのは作りのしかっりしたメーカーもののスニカーであったから、占いは晴天ばかりを知らせていた……という句である。ちなみに元気なお子様が蹴った靴が危うくぶつかりそうになったが。穏健な性格の作者は、キッと睨みつけるだけでその場を離れてやったのだった。