猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

こんな話を考えた「きょろ、きょろ」

きょろ、きょろ
 
夢のような出来事だった。でも不思議なのは小さな箱のスイッチを押すと、ちゃんと同じ夢が続いていて、その気になればだけど、その夢に介入することも出来るってことなのだった。怖いのは、このべらぼうなまでの自由だ。どこかに落とし穴が用意されているんじゃないか、と思ってぼくはあたりを見回した。

このあいだh:keyword:超短編 に書いた話。