猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

キョウチクトウ一本道と青い空

先日、海岸の方の道を車で走っていたら、白や赤の花がいっぱい咲いていた。青空とまっすぐな道と咲きこぼれるような花と緑の組み合わせは好きなのだが、いつもその樹の名が思い出せずにいた。パソコンの前に座ってあれこれ考え、「街路樹 毒」で調べたら、あっさり「キョウチクトウ」の名前が出てきた。なぜ「街路樹→毒→キョウチクトウ」という連想なのかというと。子供の頃、やはり道沿いにこの木の花が咲いて。手にとろうとして友だちに、その木、毒なんだよ、牛とか食べると死んじゃうんだよ、と教えてもらったから。小学生の頃の話だと思うのだけれど。
今日ここに書いたから、もう忘れないだろう。「毒のある強健な街路樹→青空→キョウチクトウ」なんか、そんな感じ。