猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

どんぐりと貝殻とコインは少し似てる

以下はむかし見た夢。
大きな木がある。幹は太く、四方に伸ばされた枝と茂った葉っぱで、根元は暗く少しひんやりとしている。そこに10円玉がいっぱい落ちていて、おっおー、とか思ってぼくはそれを拾う。ときどき百円玉も混じっていて、少し興奮ぎみ。すぐにポケットはいっぱいになる。立ちあがると、ずっしりした硬貨の重みでズボンがずり下がる。拾いきれない硬貨はまだいっぱいあるのに、ああ、どうしよう、って凄く迷う。
 
先日、公園を歩いていて上の夢を思い出した。木の下にドングリが山のように落ちていて、そういえば昔、拾ったな、と懐かしくなったのだ。なお、この夢には海岸バージョンもあって、その夢では波打ち際に10円玉がいっぱい落ちているのだった。海に行けば、また思い出すだろう。勢いにまかせた貝殻拾いも趣味だったのだ。
><