猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

タバスコの思い出

最近のマイブームはタバスコ。たまたま安かったから買っただけだけど。もう、なんでもタバスコ。心持ちの問題だと思うが少しだけ、喝ッを入れられるようで元気っぽい気分。──タバスコとぼくの出会いは時間限定食べ放題のピザ屋ではなかったか、と思う。ジンジャエールを飲み、息をチーズ臭くするのがお洒落と思っていた時代があったのだ。その店に置かれていたのがタバスコ。昔から赤いやつだった。──その赤いタバスコをピザにかけていたら、知人がこう言ったのだった。──「ピザにタバスコかけるなんて日本だけなんだよ、ぜんぶ猪木の陰謀さ」──ぼくは応えたものだ。──「いいじゃねーかよ!ここは日本だし、こうやって喰うのだぼくの好みでもあるの、ダー!」──そう言ってムキになり、タバスコをかけていたけど。気づいてはいたのだ。確かに、タバスコとピザはそれほど相性抜群って訳でもないよね。──そんなこんなで、テーブルの上には赤いタバスコ。何度めのマイブームなんだろう?赤い小瓶には元気が詰ってる!……とか半ば本気で思ってる。