猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

こんな話をかいた

  • 「では一緒に写真でも」という場面がくるとKはどこかに消える。それは名人芸のように、フッといなくなるのだ。この事を尋ねるとKは困った顔をした。「写真を断ると。なんで?って聞かれるでしょう。もうそこから嫌なんだ。だから」フッと消える。悪戯にカメラを向けたくなる。…
  • 1冊の本。2人で読んだ。昔。寝台の上で、笑いながら。本はここに在り、手にとり文字を追うことは出来るが笑えない。笑ってもいいが、何かを読み解いての事ではない。やはり読めないのだ。同時に2人の読者を要求する、2人でしか読めない本なのだ。