猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

こんな話をかいた

  • 「すべて想定の範囲内よ。不気味なくらいにね」そう言って女は量子銃をとりだすと男を分解した。女自身は気づいていなかったが、彼女の周囲には予定調和フィールドが発生しており、このフィールドに囚われた者は例外なく、予定調和的な行動しかとれなくなるのだった。
  • 予定調和の女の量子銃に撃たれた男達の魂は、なぜか死後も女に囚われるのだった。4人目の犠牲者が彼女の頭上に現れたとき……女にはミドリムシのべん毛ほどの霊験もなかったが……先に死んだ男達の魂は喜んだ。「面子もそろったようだ。では麻雀でもやるかね」
  • 予定調和の女は、たぶん22人くらい分解するね。そうすると彼女の頭上では、サッカーが始まるのだ。