猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

五叉路交差点

 
※※※公園まで遊びに行こうって話になって、Kと車に乗った。でも五叉路交差点の手前で、「あっ、まって、車を止めてくれ」と言われ停車すると「※※※公園まで行くならバスの方がいい」とKは云うのであった。Kはさっさと車を降りて歩き出す。ぼくも後をついて行こうとした。……でも、この車はどうするの?……って心配になり仕方なく。もう一度、車に乗り、歩道を行くKを追いかけることにした。ちょうどバスがきて乗り込むKが見えた。車でバスを追おうしたが。密かに恐れてもいた五叉路にさしかかり、案の定、バスを見失なった。ぜんぜん違う方向に向かっているな、と思いつつ、ぼくは呟いた。
「もういいや」