読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

こんな話かいた

夢の話は面白くない、という場合も多い。テレビの話も同じ。たとえば山道を歩いていたら山桜が咲いていました。立ち止まって俳句をよみました。っていうのはいい。全然かまわない。でもそれが夢の中の話だったり、テレビに映った桜の話だったとしたら?一句、詠まなくてもいいかなあ、って思うんじゃなかろうか。
 
こんなテレビ番組の夢をみた。
何かを作ってる番組だった。材料は直径30センチほどの丸い形のダンボール。その一枚を作務衣姿のおじさんが手にとり、スチームにあててから、プレス機にかけるのだった。プレス機は足踏み式で、おじさんが踏んでいる。するとダンボールは帽子みたいな形になるのだった。帽子の形をしたダンボールが沢山できる。

次に帽子型のダンボールにまたスチームにあて、もう一度、プレス機にかける。凹凸の部品がかわっていて。位置をずらしながら、おじさんが足踏みしていくと、金魚鉢のような形になるのだった。金魚鉢の形をしたダンボールが沢山できる。

金魚鉢型のダンボールにまたスチームにあて、今度は布が巻かれた丸い台座に被せる。そしてやはり布をまいた木槌でトントンと叩いてゆくと、てるてる坊主の形になるのだった。乾かして白く塗り、筆で顔を描けば。ダンボール製てるてる坊主の出来上がり!

ダンボール製てるてる坊主を並べ神主さんが微笑んでいる。
作務衣姿のおじさんが神主さんで。ダンボール製てるてる坊主を作っていたのは、****神社社務所の土間だった。 近所に住むお姉さんがリポーターをやってて、おはようございます、って挨拶してる。彼女は言う。いま私は****神社にきています、気持ちの良い朝です、見てください、雲ひとつない空、緑がいっぱいです。

で。ぼくは思ったのだった。いいと思うけど。あのてるてる坊主は売ってるの?なんのご利益があるのだろう?やっぱ晴天祈願?