猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

こんな話しを書いた

彼女の事を思うと胸が痛くなる。約束をすっぽかしたまま月日だけが流れて、うまいいい訳も思いつかない。俺って最低だな、って1人飲んでいたら彼女からメールがきてびっくり。「今度ノートPCを買いかえようと思うんだけど、お勧めとかあったら教えてね」(o ̄∇ ̄)/

お客さんが4人来て誰も手をつけなかったので、ショートケーキが3つ。冷蔵庫に残った。それで朝食はケーキ1個と紅茶になったのだけれど、なんか変な感じ。考えてみるに、これって子供の頃に思い描いた朝食ではないか。夢は実現したのに幸せな感じはあまりしない。もぐもぐ。