読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猛烈な勢いでメモ ダッシュ

短い話とか 俳句とか

もはや右左の時代ではない…時代は縦!…かもしれない…って思った話。

net 徒然

発表の場所をひろげよう、と思い。
「オンラン漫画 投稿 サイト」で検索した。
それで色々なサイトを見て回ったのだけど。
なんかスゴかった。
みんな、メッチャうまい。
そして圧倒的ボリューム!
こっ、これは。
くまの居場所などないかもしれない……と思った。
そして「縦スクロール漫画」という言葉を覚えた。

いまさらな話題かもしれない、とは思うのだが。
時代は変わっていくのだな、と改めて思った。
 
かつて。
横書き漫画論争?みたいものがあった。
いろいろな意見はあると思うけど。
こうしたテーマで、多少なりとも熱を帯び、
議論として盛り上がった
……というだけでも、ぼく的には感動だった。
 
まあ、傍目から見れば、
漫画の書式の話と、出版事情みたいものが絡みあい、
迷走し、分かりにくかった気もするけれど。
それは、これからの漫画産業ための規格を論じるっ
みたいな切り口だったから、かも。

ぼくの意見は簡単だった。
ネットで鑑賞するのなら、
横書きの方が読みやすいじゃない?
だってネット環境の方が横書きになっている訳だし。
その中に漫画を置くのなら、
横書きと縦書きを混在させない方が、
レイアウト的にはスッキリするでしょう?

それで自分でも横書き漫画を描いたりしてたんだけどー。
目立って同志が増えることはなくて、
ちょっぴり淋しくも思いつつ
今日にいたっていた。 
 
 

で。
 


「縦スクロール漫画」である。
もう一度いおう。
みんなスゴイうまい。そして
源氏物語的なまでの圧倒的
ボリューム!

縦スクロール漫画って、もう一つのジャンル
みたいになっているらしかった。
縦にスクロールする漫画なら
台詞が縦になっていようが、横になっていようが、
どっちでもいっかな?
みたいにも、ぼくの目には映った。

思えば、漫画の縦書き横書きの話も
本にしたときに、右開きになるか
左開きになるか、って話でもあったのだ。
ネットでの鑑賞が前提で、
かつ縦スクロールで見るよ、ってことなら。
台詞の縦書き横書きは
もう横においといていい話なのかな?
って気がした。
足早に結論めいたことを述べるなら、
 
 
  
もはや右左の時代ではない。
時代は縦! 

 
 
 
かもしれない。

って訳で
スクロールさせることを意識して、
ぼくもこの文章を書いてみた。
ポエムも書いちゃう。
タイトルは「スクロールもの」


 このページを開いた者に
 私は告げる
 最後まで
 スクロールさせることが出来たなら
 私の勝ちだ
 スクロールさせた距離が
 長ければ
 長いほど
 勝利も大きい
 
 
 

プンプンと社会の進歩

徒然 net まんが

今朝、ぼくは怒っていた。なんでかっていうと。ゆうべ、つくったオンラインブックの閲覧者数が29しかなかったから。……29かよ……と思った。大層なマンガではないだろうけれど。試行錯誤もして、けっこう時間もかかってるんだよ!がんばったのにぃぃぃぃぃ。

こう考える人もいるかもしれない。……勝手にマンガを描き、多くの人には見てもらえなったからといって、また勝手に怒ってるの?……ちょっと私には理解できないプンプンかも……そういう人のほうが尤もだ。でも、ぼくはプンプンした。短気なのだ。

一方で。いい世の中だよな、とも考えた。だって。きのう描いたマンガの、とりあえず評価みたいなものを今朝、得られるのだから。これは昔のひとには出来なかったことだ。
何ヶ月もかかってマンガの原稿を描いて、さて誰かに見てもらおう、と思ったとき。昔のひとはどうしてたのだろう。他人の目をとおした、ある種の結果みたいものを得るために。また何ヶ月も待っていたのだろう。今でもそうしてる人はおり、その方がフォーマルなことなのだろうけれど。ぼくにはマネ出来ない。

ああ。やはり、ぼくは短気だ。そして、いい世の中だ。短気なぼくでもマンガを描いて、いちおう本にできたのがスゴイ。プンプンしながら。社会の進歩(?)みたいものも確認できた朝であった。><